フラット35がいいのか変動金利型がいいのかその時の金利相場によって違います

住宅ローンを選ぶ際に、まず大きな壁となるのが変動金利型にするのか、固定金利型にするのか、という点です。
近年は長期固定金利型のフラット35が人気となっていますが、このフラット35にも弱点は当然あります。
ずっと金利が変わらないというのは、見方を変えればいくら金利相場が安くなったとしても、ずっと以前の高い金利条件のまま支払っていかなければならない、ということでもあります。
こうしたリスクを考えた場合、変動金利型のほうが有利だとする方も多いでしょう。
これに関しては金利相場の変動によって、どちらが有利なのかは大きく変わってきますので、一概にはいえません。
できるだけ以前からの金利の動きを細かくチェックして、現在がどのような状態にあるのか、これからまだ下がる可能性が高いのかどうかなどを予測しつつ決めるようにしましょう。