フラット35sエコAプランBプラン違いとは?

フラット35sはエコ効果のある住宅を購入する場合に、是非利用したいローンですね。
2015年2月には、Aプラン、Bプランとして、建築基準をクリアした新規物件について、金利を引き下げるプランが導入されました。
これは、金利引き下げのための予算が尽きたところで募集止めてしまうということですから、早く申し込んだ方がよさそうですね。
それぞれのプランは、Aプランが初めの10年0.
6%引き下げ、Bプランは初めの5年0.
6%引き下げとなっています。
引き下げ期間の長いAプランの方が、やや基準が高くなっていると言うところが違いです。
現在、低金利化が進んで、変動型では1%を切る金利も珍しく無いほどになっていますが、そろそろ底値なのではという見方もありますし、フラット35sの長期固定金利は魅力的ですね。
フラット35金利一覧!2017年5月の金利最安銀行【おすすめは?】