住宅ローン減税の手続きは?

住宅ローン減税には、いくつかの条件があります。
その条件の一つに「居住者が新築、取得、増改築等をした日から6か月以内にその者の居住の用に供し、かつ、その年の12月31日まで引き続きその者の居住の用に供していることが必要」と定められています。
ただ、サラリーマンの場合なら、奥さんと子供は新居に入居出来ても、自分自身はまだしばらく単身赴任予定。
というケースもあるでしょう。
この場合、本人が居住していないので、住宅ローン減税の適用外になるのでしょうか?国税庁のホームページによれば、本人の住民票が別の場所であっても、転勤などやむ負えない理由であれば、扶養親族や配偶者の入居があるという前提で、認められるそうです。
控除の為だけに住民票をいったん移動する必要もありませんからご安心を。
http://www.housingloan-tax.com/