飲み水を確保するために

やはり、「水」が一番にあげられます。
世界中では水資源が不足しつつあります。
(汗)その中でも既に深刻な水不足に陥っている国もあります。
(汗)日本にいる私達は、特に不便も感じていないようですが、水道をひねればいつでも水が出る状況でもあります。
その状況になれてしまうと、いざ水不足になった場合、断水が実行された場合、困ってしまうと思います。
災害の時の水不足の場合、この最悪の場合では、生命の危機になることも考えられます。
ですから、水不足は他人ごとではないと言えます。
(汗)普段から心構えが必要ですよね。
(笑顔)。
私達は、水が補給できないと、およそ3日で死ぬと言いますよね。
(汗)それで誰でも、毎日、水分補給をしていると思います。
人間だけでなく全ての生き物に言える事です。
※人間だと、大人で、最低、1日に1リットル以上の水分補給が必要です。
このように水が不可欠なのです。
災害時、水不足などで、思うように水が手に入らなくなったらどうしますか。
とても困った状況になりますよね。
(汗)そうならないように飲料水、生活用水を確保しなければいけません。
そうしないと私たちは生活できませんからね。
(汗)それでは、水道から水が確保できない状況下で、どのように水を確保すれば良いのでしょうか?まず、水と言えば、雨がありますよね。
当たり前の事ですが、雨が降れば、手っ取り早く水が手に入いると思います。
そんなの見たことありませんか?
赤ちゃん・子供におすすめの水とは?【ウォーターサーバーオススメ比較】