書類作成の相談は安心して行政書士にしてください

官公署に提出する書類の作成が行政書士の仕事ですが、その仕事の量は膨大です。
しかし、提出する書類でも裁判所へだす書類の作成は行政書士ではなくて司法書士や弁護士の仕事になるので、依頼されても受けることができないんです。
行政書士の仕事範囲としては、告訴の書類など警察へ提出するものになり、検察へ届けるものは司法書士の仕事になるんですよ。
行政書士は法律家とは違います。
たとえ無料だろうが、有料だろうが法律の相談にのることすら違法なので気をつけてくださいね。
ただし、行政書士としての仕事で書類作成の手続きに関わっている範囲でのことだったら相談することも可能ですので、それ以外は相談にのれないということを理解して下さい。
相談の内容についてもいろいろありますが、相続関係や経営に関することは行政書士に相談できますし、守秘義務もあるので安心して相談して下さいね。