韓国ドラマから見ると日本の看護師韓国の看護師はどう違う?

看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違いますよねー★通常業務のみでも大変忙しいのに加え、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、仕方なく残業することも日常茶飯事です。
それでも、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。
少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。
考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思いますよねー★3年の間、看護専門学校に通学し、国家試験を受験する資格を得ることができます。
この方法で免許取得を志す人が一番数が多いでしょうね!!私もがんばろうと思います!現実に病院で行われる実習が他に比べ、多いということもあって、勤め先でも割と簡単に業務をすることができますよねー★看護師の勤めているところといえば、病院だと思うのが妥当でしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所では、保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役目です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大概の医療行為を看護師が行います。
いままでは男性が看護師をしている場合に限って、士という文字が使われていました。
しかし、今は男の場合でも女の場合でも、看護師という職業に従事しているならば、師という漢字を付けるようになっています。
看護師、看護士を同時に使用していると、あやふやで分かりにくくなるので、統一されたのだと考えられます。
看護師の資格について詳しく言うと、看護師と准看護師の二つの資格が存在しますよねー★普通、准看護師資格を持つ人は、さらに上のステップに進むため、看護師の資格を取得することを目標にします。
准看護師と看護師を比べると、専門知識の差のみならず、待遇の差も大きいのです。

http://xn--t8j4aa4nsnge4c6967an2h261b0r0a8jkgr9agz0a1v8b.com/